仕事のできる人 できない人

 先日 プロの板前さんとお話した時です。

彼の店には見習いさんがいます。長年多くの弟子たちを
育ててきて思う事があるそうです。

伸びる弟子との伸びない弟子との違いです。

仕事を教えたあとにそれをきちんとできるようになること
それは「当たり前」だそうです。言われたことをきちんとする弟子さんは
いる。それ以上 言われたこと以上をしようとする弟子さんが
なかなかいないそうです。

例えば円柱のものがあったとしましょう。(急に図形ですが)(笑)

親方が正面から見ることを教えたとしましょう。
すると弟子はこの物体を四角形と学びます。

弟子はその物体を見るたびに四角形と答えます。

伸びる弟子はその物体を四角形と学んだ後に
違う角度から見ようとします。

で、上から見てみます。すると円に見えることを発見し、
親方に円に見えたことを報告します。

そこで親方はもう1つ違う見方を弟子に教えます。斜めから見る方法です。
弟子は気づくのです。この物体の全体が見えて実は円柱だったんだと
そこから円錐や四角柱などに思考を発展させていけるのです。


昔で言う 「一を聞いて十を知る」

私的にアレンジすると 「一を聞いて十を考え、百の答えを創り出す」
この思考の使い方はマインドマップでもトレーニングできます。
あとは行動しないとだめですけど(笑)

IMG_2032.JPG




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
<< 京都で脳トレ | main | 維新を肌で感じる! >>

カテゴリー

記事リスト

アーカイブ

おすすめリンク

受講生のブログ

最新コメント

最新トラックバック

受講生のブログ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

サイト内検索

管理者

モバイル